日本の社会でギャンブルの立場はどのように変化しましたか?

日本社会

現在、日本にはギャンブルやあらゆる種類の違法な賭けに対する厳格なノーノーポリシーがあります。しかし、政府が定めた厳格な法律や規制にもかかわらず、賞品、商品、サービスの交換のためにポーカー、ブラックジャック、ルーレットをプレイすることを奨励するカジノ施設がまだあります。オフラインのカジノ施設を要求する膨大な人口を考慮して、政府は市民のニーズを満たすために必要な行動を取っています。ギャンブルの立場が社会をどのように変えたかを見てみましょう:

 討論

何年もの間、議会はブッシュの周りで国のカジノ施設を合法化するために暴行を続けてきました。しかし、2018年に、この問題に関して閣僚内閣に対して不信任の申し立てが可決されました。法案が移動されようとしていたとき、再び障害がありました。しかし、家が設立に対する「賛成」の投票の過半数を獲得したとき、「統合されたリゾート」の最終決定が認められました。

リゾート

統合されたリゾート

総合リゾートの設立の背後にある主な議題は、観光客を引き付け、国への収入を増やすことでした。カジノがリゾート、ホテルなどの公共の場所の敷地内にある限り、それは合法と見なされました。ただし、この決定にも制限があります。
•最初は、3つのライセンスのみがカジノに発行されます。
•カジノは税の30%を政府とその団体に支払う義務があります。
•建物全体に対して、3%以下のスペースの制約があります。
•外国人観光客は無料で、地元住民は6000円です。
•地元の人々は、週に3回、月に10回、その場所を訪れることが制限されています。
ライセンス
•大阪は、世界博覧会が開催される2025年までにこれらのカジノを目撃する最初の都市となることが決定されました。次の行は東京と横浜です。
•最初の3つのライセンスは10年間有効です。効果を検討した後、7年後に次のライセンスが発行されます。

誰が訪問できますか?

観光客の数は増加していますが、57%近くが地元住民で構成されており、他のどの国よりも多くなっています。平均してアジアのカジノは地元の訪問者の29%しか許可しません、そして残りは外国人に捧げられます。

結論

日本は地球で最も魅力的な場所の1つであり、最初に太陽が昇る国です。何年にもわたって間違いなく、国は何百万人もの観光客や訪問者を魅了しており、2018年のレポートでは1600万人以上の訪問者がいます。調査と推定によると、日本でのカジノの開設により、年間売上高は1.3兆ドルに達する可能性があります。これは経済を向上させるだけでなく、マカオとベガスに次ぐギャンブルの首都になる可能性があります。それはまた、アジア移民の就職の見通しを改善し、それの全く新しい産業を作り出すかもしれません。

日本の社会でギャンブルの立場はどのように変化しましたか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top