ギャンブルの目的地

日本は次の賭博の目的地になることができますか?

日本は国として常にギャンブルに反対してきましたが、国民はそうではありませんでした。大衆の間でギャンブルが厳密に違法であったアドビの時代でさえ、多くの人々がまだ密室でギャンブルをしていた。日本では4種類の法定賭けがあります。競馬、自転車レース、スピードボートレース、オートバイレースへの賭けです。日本では合法と考えられている別の形式のギャンブルがあり、それはパチンコと呼ばれています。パチンコ機は第二次世界大戦前から存在していましたが、戦後は普及してきました。それらはデジタル化され、長年にわたって現代に慣れてきており、今日では、日本で最大かつ最も好ましいギャンブルの選択肢となっています。 日本には厳しい賭博法がありますが、サンズコーポレーションのラスベガス最高経営責任者であるシェルドンアデルソン氏は、私が大阪と東京の都市に次のマカオになる大きな可能性があると述べました。マカオは、アジアで最大のギャンブル市場の1つであり、中国にあります。マカオはギャンブルだけで年間平均500億ドルの収入を生み出しています。シェルドンは、日本が少なくともこれら2つの都市から400億ドルを稼ぐことができると信じています。彼は東京と大阪に1つずつ、計2つのカジノを開くことを計画しています。これは、2020年の東京オリンピックと相まって、サンズ株式会社にとって、日本とその経済にとって利益になるかもしれません。 しかし、彼の計画に対する最も明白な障害は、ギャンブルに関して日本で続いている法的問題です。文化的ルーツに根ざした日本人と日本政府も同じ見解を持っています。しかし、シェルドンは、 自民党(LDP)のリーダーであり、現在の日本の首相である安倍晋三、そしておそらく法案が日本の議会で導入されたので、彼らのためにうまくいくかもしれない。 しかし、議会では大量の反発が見られたため、信三と彼の自由党は、これを機能させるために一生懸命押し戻さなければならないかもしれません。結果がどうであれ、会社のインフラ、富、経済的安定性のために、日本市場は成熟し、カジノを開く準備ができているという事実が残っています。   結論 大規模なインフラストラクチャ、急速な経済成長、そしてギャンブルの歴史を持つ日本は、日本政府が契約を延期できれば、将来のギャンブルにとって理想的な目的地になるはずです。それは日本経済にとって、そして国の人々にとっても大きな助けとなるでしょう。これは、カジノには多くの雇用機会があり、熟練した労働者と未熟練の労働者が多数必要だからです。

Scroll to top