オンラインカジノ

オンラインカジノは日本での運営が許可されていますか?

歴史的に、日本は文化的実体として、また国家として、常にギャンブルに反対し、常に悪事を考えてきました。しかし、過去数年間、多くの国がアジア地域でそうしているので、政府はギャンブルに関する法律を寛大にすることを検討してきました。 ただし、今日では、オンラインギャンブルでさえ、あらゆる形態のギャンブルが違法とみなされています。日本の刑法第185条の第23条に記載されているように、「ギャンブルを行った者は50万円以下の罰金、またはこれに該当しない場合は小額の罰金が科せられる。一時的な娯楽のために提供されているものを賭ける人」。しかし、これは日本でギャンブルが全面的に禁止されているという意味ではありません。宝くじや4つのスポーツへの賭けなど、特定の種類のギャンブル:自転車レース、オートバイレース、競馬、自転車レース。日本では、パチンコと呼ばれる別のギャンブル方法もあります。パチンコ機は、古い機械をパチンコ機に進化させ、ビデオスロットを含む新しいデジタル化されたものに進化させました。パチンコ機を説明する最良の方法は、それがピンボールゲームとビデオスロットマシンのクロスであるということです。取引手段としてお金を使わないため、日本では合法です。 ただし、これは将来変更される可能性があります。ラスベガスのサンズコーポレーションのCEOであるシェルドンアデルソン氏は、日本でのカジノの開設に興味があると述べています。彼は、日本はギャンブル事業の可能性が高いか、または高額であると信じています。彼は、大阪と東京にカジノを設置することは、日本人と国の経済の両方に本当に利益をもたらすと信じています。アデルソンの親友であり、自由民主党の党首であり、現在の日本の首相である安倍晋三は彼の党の助けを借りて、この目的を促進するために日本国会に法案を提出した。しかし、そのために日本政府は、日本国民と政府の確固たる信念のために、時間のかかるギャンブルを合法化する必要があります。 結論 したがって、結論として、オンラインギャンブルは実際には日本では違法であると言えます。ただし、中国、インド、マン島、アルジェリアなどのいくつかの国では、ギャンブルに関する法律に寛容であり、人々が責任を持って行動することを信頼して、ギャンブル法を緩和しているため、近い将来にはそうではない可能性があります。これにより、日本人の見方も変わり、将来的にはギャンブルに関する法律がより緩和されるかもしれません。

Scroll to top