ブログ

日本でのギャンブルの完全ガイド

技術的、文化的に豊かな国である日本は、今まで何年もギャンブルを禁じてきました。 「運ベースのゲーム」と見なされるゲームは違法と見なされ、「賞金ベースのゲーム」または「スキルベースのゲーム」と見なされるゲームは合法と見なされます。これが、日本のギャンブル法が全国で非常に厳しい理由の1つです。しかし、社会的なレクリエーションとリラクゼーションの必要性は、当局に考えさせられています。国内ではギャンブルの合法化についての話し合いがありますが、何の行動も取られていません。   法律 日本の立法185条によると、お金を取引するゲームを伴う行為はギャンブルと呼ばれています。ギャンブル施設も、法律が合法化されるまで建設を禁止されています。政府のそのような厳しい法律にもかかわらず、地下で行われる不正行為はまだあります。行為に巻き込まれた場合、その人は大量の罰金で投獄される可能性があります。ただし、一部のギャンブルアクティビティやパブリックスポーツは、レクリエーションの目的で許可されています。彼らです: •自転車レース:第二次世界大戦後、スポーツは人気を博し始め、人々は何年もの間スポーツを楽しんでいます。 •宝くじ:TOTOとも呼ばれ、日本で最も広く受け入れられているゲームの1つです。全国のあちこちにくじ売店があります。 •パチンコ:オンラインでプレイするスロットマシンとピンボールゲームのハイブリッドです。 •競馬:競馬は日本国民のスポーツであるだけでなく、文化への組み込みの形態でもあります。リーグやトーナメントは毎年行われ、好きなチームにいくつかのパンターやベッターが賭けます。 カジノ お金を使ったギャンブルを奨励するカジノは日本では禁止されています。つまり、日本の土地にはブラックジャックやポーカーのゲームを好む施設がいくつかありますが、実際のお金との交換はありません。彼らの法律によると、お金のためにプレイされるものはすべて違法です。したがって、これらの施設では、プレイヤーはチョコレートなどの賞品の転送を賭けることができます。時々彼らは(物々交換システムのような)サービスとさえ交換します。国にはカジノの合法化の波がありますが、まだ決定はされていません。 オンラインギャンブル 法律は日本人がオンラインでギャンブルをすることを禁じていますが、彼らがそうしたとしても誰も目を向けません!その主な理由は、彼らの監督のつながりを増やすだけでなく、国に収入をもたらします。これは長期的には有益です。ただし、オンラインギャンブルサイトの多くはアクセスがブロックされていますが、bet365などのサイトは、オープンアームで日本のギャンブラーを招待して受け入れることが認められています。 結論 ギャンブルの合法化という話題は、日本では大きな転換を遂げていないようです。主な理由は、政府が国民のレクリエーション活動にお金を使うのではなく、国の社会的および経済的成長にお金を投資することを信じていることです。しかし、2025年までにさらに多くが明らかになる予定です。

初心者向け日本旅行ガイド

私たちの地球上のいくつかの場所は、少なくとも一生に一度の訪問を必要とします。日本はこの範疇に入る国です。そのユニークな文化と伝統、そして古代と新しい伝統の融合により、誰もが国に恋をすることができます。国は事実上すべての人の好みに対応しています。あなたが彼らの言語、交通手段、そしてあなたが観光客であるならもっと多くを考えるあなたにとってそれは困難な経験かもしれません。ただし、初めて国を訪れる場合に役立ついくつかの重要事項を書き留めました。 訪れるのに最適な時期 日本を訪問する「適切な時期」は他にありません。日本は四季がすべてあるので、天気次第です。東京のような場所では、夏は華氏80度、冬は華氏30〜40度です。しかし、北半球は冬と南部は積雪に面しており、冬は暖かいです。とはいえ、春や秋の悪天候が少ない国を訪れるのが良いでしょう。また、桜の季節には植物の開花も見られます。 空港 日本は多くの航空会社を提供しています。エアチャイナやブリティッシュ・エアウェイズのような国際航空のほとんどは日本を飛んでいます。国には年間を通じて忙しい2つの主要国際空港-成田と羽田があります。ただし、東京を訪れる場合は、東京から1時間の距離なので、羽田を選択することをお勧めします。 通勤 バス、電車、タクシーなどの公共交通機関は、地元の人々にとって主要な通勤手段です。たくさんの機械があり、さまざまな目的地を案内する地図が付いているので、電車で簡単に移動できます。バスは東京以外の小さな都市でも通勤の一般的なモードです。バスに飛び乗って、目的地までのチケットを車内で購入する必要があります。グーグルマップはバスのタイミングとルートを理解するのに役立ちます。 インターネット・アクセス インターネットへのアクセスは、これまで以上に簡単ではありませんでした。日本では、全国のほとんどのカフェや地下鉄で無料Wi-Fiを利用できます。ただし、無料のWi-Fiのファンではない場合は、シムを購入してインターネット接続を取得するか、Wi-Fiルーターをレンタルすることもできます。 Japan Connected-free Wi-Fiは、市内のどこでも無料Wi-Fi接続を見つけるのに役立つアプリケーションです。 通貨 滞在予定日数に関係なく、ハードキャッシュを携帯する必要があります。ほとんどのショッピングモールやカフェではクレジットカードを使用できますが、お金を運ぶことは常に良い習慣です。そのため、銀行、ATM、空港などの場所で、お金の交換の支援を受けることができます。 安全対策 地下鉄で財布が開いているおばあさんを見つけることがよくあります。盗まれないことが保証されています。それは国でそれだけでなく、一人で旅行に適した場所でもあります。ただし、私たちの所持品を認識しておくことは常に重要です。

人気映画のギャンブルの描写は、日本での世論の形成に役立ちましたか?

それに直面しよう!好むと好まざるとにかかわらず、映画は人々の選択や意思決定能力に影響を与える上で重要な役割を果たします。時にはそれは良いことかもしれませんし、時には人々に悪影響を与える可能性もあります。ギャンブルに基づいた映画が何千もあり、プロのギャンブラーになるために世界中の人々の不足に影響を与えています。 21やそれ以上の映画は、確かに人口の少なくとも20%がスキルのあるギャンブラーになるための刺激になっています。同じ理論が日本人によってギャンブルで考慮され、適用されました。 ギャンブルのアニメ アニメや日本の漫画が世界中で広く人気があることは驚くに値しません。彼らは日本の輸出売上高の75%を占めており、年間約750億ドルを占めています。この数字は、ハリウッドの毎年恒例の興行収入コレクションをもリードしています。マンガやアニメの人気は、世界中のスロット愛好家に影響を与え、スロットマシンにテーマやキャラクターを呼び込んでいます。 Koiプリンセス、サクラフォーチュン、フォーチュンガールなどのアニメは最も人気のあるアニメの1つであり、これらのキャラクターテーマは世界中の何百万ものカジノで使用されています。 咲 それは、マンガシリーズを注意深く描いた映画よりもシリーズです。 2009年に東京で最初に発表されました。アジアや中国など、世界の他の地域でのギャンブルの世界の様子を詳しく示しています。シリーズ全体がゲーム麻雀に囲まれています。麻雀はギャンブルのようなもので、中国で生まれました。このシリーズは、ギャンブルを否定的に描いており、ギャンブル中毒者またはプロのギャンブラーのトラウマと感情、および彼らのライフスタイルを示しています。これが、日本がまだ合法化について確固たる決定を下していない理由の1つである可能性があります。 魂のお金と可能性のコントロール これも2011年に放映されたシリーズです。このシリーズは、お金を稼ぐことの重要性を見つけるのに苦労している経済学生を描いています。贅沢で豪華な雰囲気のあるギャンブルの世界に入ると、家族の豊かさにもかかわらず、お金の大切さを実感しています。 これらのシリーズはどちらも、日本のギャンブラーとギャンブル法全般に大きな影響を与えました。ただし、アニメシリーズからいくつかのプラスの影響とテーマが考慮され、スロットマシンに組み込まれています。そこでは、賞金と引き換えにギャンブルが行われますが、実際のお金は賭けられません。 結論 日本がギャンブル分野の改善に向かっているという事実を考慮すると、積極的なギャンブル愛好家の多くに期待が高まっています。国が氷を砕くためにいくつかの必要な措置を講じる時が来ました。 これらの2つの動物映画は、大多数の人口が日本の賭博業界に興味を示し始めたため、日本の賭博業界の状況を変えました。

日本でギャンブルは外国人のために合法です

日本のギャンブルは刑法第23章に従って禁止されています。競馬やその他のモータースポーツへの賭けができることを意味する多くの期待があります。地方自治体の収入を増やすのを助けることができる特別な法律の下で行われる公共スポーツ、宝くじ、サッカーのプールのような他のゲームがあります。 公共スポーツ 公共スポーツには、公的レースや合法的に賭けることができる他のレースのようなものが含まれます。レースには、自転車レース、パワーボートレース、アスファルトスピードウェイの4種類があり、賭けのプラットフォームとして使用できます。これらの賭けは、地方自治体または政府法人によって規制されている特別な法律の下で許可されています。これらのレースのギャンブラーの賞金プールは、ベッティングチケットが販売されている総売り上げの約75〜80%で、さまざまな都市で役立ちます。 インターネット上のカジノ 実際にお金を賭けてオンラインカジノでプレーするには、まず個人情報を登録する必要があります。 登録は簡単で数分しかかかりません。 選択したカジノの支払い方法をチェックして、希望の支払いを提供できることを確認することをお勧めします。また、登録する前に日本円を使用できることを確認してください。そうしないと、アメリカドルまたはユーロを使うことになります。 ほとんどのオンラインカジノサイトでは、登録すれば初回入金ボーナスを貰えるので、そのボーナスを利用しつつゲームに慣れるのがおすすめです。 抽選 宝くじは大都市で定期的に開催されており、暦年を通して宝くじを助けることができます。宝くじは主に3種類あり、100円から500円で簡単に売れる場所特有の宝くじで、賞金は100万円以上。宝くじ法は、特定の宝くじの賞金プール全体が最高であり、政府機関や慈善団体へのアクセスを可能にする総売上高の50%未満であることを確認しています。 パチンコ パチンコはスロットゲームではないピンボールマシンですが、日本の法律ではギャンブルと見なされており、さまざまな目的でギャンブルの刑法に服することができます。パチンコ店は日本全国にあります。現在は民間企業が運営しており、日本では12,480以上のパチンコ店があります。 違法ギャンブル ヤクザは日本で違法なカジノを運営していることで知られています。お金で遊べる麻雀のような他の多くのカジノゲームがあります。また、ヤクザに接続しているがプレーヤーから借金を集めている麻雀パーラーの多くは、デフォルトなしでビジネスを運営できます。 合法化への取り組み 自民党政府には多くの運動があり、それによってカジノを開き、日本の観光を後押しすることができます。運営されているカジノは、日本では違法ですが、地元の人よりはるかに快適な外国人がアクセスできます。最近お台場でカジノを建てることについては、多くの人々の関心が高まっています。それはまだ多くの批判を受けています。ギャンブルが石原さんから積極的に支持された船のアイデア。 2015年に議員がIR有効化法を提出したことで新鮮な勢いを採った多くのカジノ法が日本にあります。

日本の社会でギャンブルの立場はどのように変化しましたか?

現在、日本にはギャンブルやあらゆる種類の違法な賭けに対する厳格なノーノーポリシーがあります。しかし、政府が定めた厳格な法律や規制にもかかわらず、賞品、商品、サービスの交換のためにポーカー、ブラックジャック、ルーレットをプレイすることを奨励するカジノ施設がまだあります。オフラインのカジノ施設を要求する膨大な人口を考慮して、政府は市民のニーズを満たすために必要な行動を取っています。ギャンブルの立場が社会をどのように変えたかを見てみましょう:  討論 何年もの間、議会はブッシュの周りで国のカジノ施設を合法化するために暴行を続けてきました。しかし、2018年に、この問題に関して閣僚内閣に対して不信任の申し立てが可決されました。法案が移動されようとしていたとき、再び障害がありました。しかし、家が設立に対する「賛成」の投票の過半数を獲得したとき、「統合されたリゾート」の最終決定が認められました。 統合されたリゾート 総合リゾートの設立の背後にある主な議題は、観光客を引き付け、国への収入を増やすことでした。カジノがリゾート、ホテルなどの公共の場所の敷地内にある限り、それは合法と見なされました。ただし、この決定にも制限があります。 •最初は、3つのライセンスのみがカジノに発行されます。 •カジノは税の30%を政府とその団体に支払う義務があります。 •建物全体に対して、3%以下のスペースの制約があります。 •外国人観光客は無料で、地元住民は6000円です。 •地元の人々は、週に3回、月に10回、その場所を訪れることが制限されています。 ライセンス •大阪は、世界博覧会が開催される2025年までにこれらのカジノを目撃する最初の都市となることが決定されました。次の行は東京と横浜です。 •最初の3つのライセンスは10年間有効です。効果を検討した後、7年後に次のライセンスが発行されます。 誰が訪問できますか? 観光客の数は増加していますが、57%近くが地元住民で構成されており、他のどの国よりも多くなっています。平均してアジアのカジノは地元の訪問者の29%しか許可しません、そして残りは外国人に捧げられます。 結論 日本は地球で最も魅力的な場所の1つであり、最初に太陽が昇る国です。何年にもわたって間違いなく、国は何百万人もの観光客や訪問者を魅了しており、2018年のレポートでは1600万人以上の訪問者がいます。調査と推定によると、日本でのカジノの開設により、年間売上高は1.3兆ドルに達する可能性があります。これは経済を向上させるだけでなく、マカオとベガスに次ぐギャンブルの首都になる可能性があります。それはまた、アジア移民の就職の見通しを改善し、それの全く新しい産業を作り出すかもしれません。

日本ではギャンブルは合法ですか?

ギャンブルのメリットとデメリットにもかかわらず、それは数十年以上にわたって人々を楽しませてきたそのような活動の1つです。ラスベガスやマカオのような都市は、世界のギャンブルの首都と呼ばれています。しかし、一方で、日本のようなギャンブルを合法化するという事実を精査している日本のような先進国があります。日本のギャンブル法は、これまで永遠に禁止されており、違反した者に対する厳格な刑罰と懲役を課されているため、ギャンブル愛好家にとって少し威圧的なものになる可能性があります。ただし、宝くじ、スポーツくじ、スロットマシンを探すパチンコなど、他に類を見ない特別なレクリエーション活動があります。 日本のスポーツくじ 日本のギャンブルに関する法律が非常に混乱している主な理由は、スポーツ賭博が例外的なギャンブルの傘下にあるためです。ただし、その活動は依然として部分的に合法であると見なされ、あらゆる種類のスポーツに適用されるわけではありません。競馬、オートバイレース、ボートレースは部分的に合法ですが、他の形式のスポーツへの賭けは完全に違法です。 bet365のようなサイトのいくつかは、日本のパンターが賭けをオンラインに置くことを歓迎するように合法化されていますが、多くはまだそうすることを禁止されています。 パチンコ賭博 パチンコは、スロットと古典的なピンボールゲームのハイブリッドとして発明された日本の伝統的なゲームです。パチンコ機にお金を入れると、スロットのように3つの金属球が出てきます。プレーヤーは3つのショットすべてを狙って穴に着陸させる必要があります。これがゲームの仕組みです。お金を使ったギャンブルは禁止されているため、報酬は多くの場合、チョコレートのぬいぐるみなどの賞品と交換できる金属製のボールの形をしています。主な理由: •年間18.8兆円の売上高と収益を生み出し、経済を後押しするのに十分です •それは古代の歴史的および文化的信念に服している。 宝くじギャンブル 宝くじギャンブルは、日本で合法的に受け入れられているギャンブルの形態でもあります。彼らはあなたの都合に応じて、地元のATMで遊ぶことができます。政府とその団体は、特定の条件下での宝くじの合法化を許可しています。 •12の都市を含む47の都道府県だけが宝くじ枠を保持することが許可されています。 •すべての宝くじの売店から得たお金の最低50%を政府と慈善団体に寄付する必要があります。 •プレーヤーが宝くじのプロである場合、政府は賞金の分配を要求する可能性があるため、プレーヤーは慎重になる必要があります。   カジノ 日本ではカジノのギャンブルは固く禁じられています。ただし、都市にある日本のセンターの中には、ポーカーやブラックジャックなどのゲームを奨励しているものもありますが、それは、お金を使わないレクリエーション活動としてのみ見なされています。カジノゲームの人気と需要が高まっているため、国は法律と規制を再検討していますが、効果がありません。それでも、日本の法的ギャンブルを立証する立法または法律はありません。

近年の日本社会の大きな変化

すべての国は、文化、伝統的、工業化、またはそれらすべての面で、他のいくつかの変化を経験しています。日本は、社会に劇的な変化を遂げた国です。それらを注意深く見てみましょう: 国際化 日本は急速に国際化しています。 10年前、日本人以外の人にとっては異国の地でした。通りで外国人を見つけることはほとんどできず、たとえあなたが見つけたとしても、彼らは外国人の存在のように扱われるでしょう。しかし、今日では、観光客、プロのモデル、写真家の間で人気が高まっています。国によって保証された安全性は、それを一人旅のためのより安全な場所にさえしました。 労働力 過去10年間に日本で観光やその他のイベントが増加しており、労働力に対する需要はかつてないほど高まっています。そのため、日本は最近、外国人を雇用に向けようとしています。彼らは仕事を成し遂げるために移民を雇うことを計画しています。しかし、これまで国が移民に長い間敬遠していて、話の突然の反転が市民を激怒させたので、これは非常に眉をひそめています。 移民 以前は、日本は移民に対して不寛容でした。テクノロジーへの投資と発明のために国がトップに躍り出るまで、国は不人気な国の中にありました。さて、日本の製品は信頼できるもののひとつです。以前は、外国人は居住または外国人への機会の観点から引き起こされた差別について不満を述べていました。しかし最近では、観光やその他のイベントの人気が高まっているため、国は外国人を歓迎し、また賃金と機会の平等を受け入れています。 メカトロニクス 機械と電子の古典的なハイブリッドは、メカトロニクスと呼ばれる新しい工学分野を生み出します。これは1975年に日本の技術者によって発明されました。電子計算機、スマートアプライアンス、スマート冷蔵庫などの機械装置のキュレーションに電子コンポーネントを組み込むことの組み合わせは、過去10年間で急速に発展しました。日本の主要産業で現在も採用されている技術の開発への日本の貢献に感謝します。 薬物乱用 薬物乱用は1970年から1980年まで重大な懸念事項でした。しかし、近年、国は犯罪率が急激に低下し、かつては48%に達しました。この数は過去数年間で大幅に減少し、大幅に減少すると予想されます。 働く女性 長年の間に社会は大きく変化し、最近日本では女性の労働者階級が大幅に増加し、子供たちの教育さえも見られました。ある調査によると、既婚女性の50%以上が、仕事に出向いているか、働いています。子供たちの少なくとも6分の1は学校に通っており、将来の有望な数を示しています。これらの女性と子供に関する社会の変化もまた、市民の前向きな考え方と能力の証です。

オンラインカジノは日本での運営が許可されていますか?

歴史的に、日本は文化的実体として、また国家として、常にギャンブルに反対し、常に悪事を考えてきました。しかし、過去数年間、多くの国がアジア地域でそうしているので、政府はギャンブルに関する法律を寛大にすることを検討してきました。 ただし、今日では、オンラインギャンブルでさえ、あらゆる形態のギャンブルが違法とみなされています。日本の刑法第185条の第23条に記載されているように、「ギャンブルを行った者は50万円以下の罰金、またはこれに該当しない場合は小額の罰金が科せられる。一時的な娯楽のために提供されているものを賭ける人」。しかし、これは日本でギャンブルが全面的に禁止されているという意味ではありません。宝くじや4つのスポーツへの賭けなど、特定の種類のギャンブル:自転車レース、オートバイレース、競馬、自転車レース。日本では、パチンコと呼ばれる別のギャンブル方法もあります。パチンコ機は、古い機械をパチンコ機に進化させ、ビデオスロットを含む新しいデジタル化されたものに進化させました。パチンコ機を説明する最良の方法は、それがピンボールゲームとビデオスロットマシンのクロスであるということです。取引手段としてお金を使わないため、日本では合法です。 ただし、これは将来変更される可能性があります。ラスベガスのサンズコーポレーションのCEOであるシェルドンアデルソン氏は、日本でのカジノの開設に興味があると述べています。彼は、日本はギャンブル事業の可能性が高いか、または高額であると信じています。彼は、大阪と東京にカジノを設置することは、日本人と国の経済の両方に本当に利益をもたらすと信じています。アデルソンの親友であり、自由民主党の党首であり、現在の日本の首相である安倍晋三は彼の党の助けを借りて、この目的を促進するために日本国会に法案を提出した。しかし、そのために日本政府は、日本国民と政府の確固たる信念のために、時間のかかるギャンブルを合法化する必要があります。 結論 したがって、結論として、オンラインギャンブルは実際には日本では違法であると言えます。ただし、中国、インド、マン島、アルジェリアなどのいくつかの国では、ギャンブルに関する法律に寛容であり、人々が責任を持って行動することを信頼して、ギャンブル法を緩和しているため、近い将来にはそうではない可能性があります。これにより、日本人の見方も変わり、将来的にはギャンブルに関する法律がより緩和されるかもしれません。

日本は次の賭博の目的地になることができますか?

日本は国として常にギャンブルに反対してきましたが、国民はそうではありませんでした。大衆の間でギャンブルが厳密に違法であったアドビの時代でさえ、多くの人々がまだ密室でギャンブルをしていた。日本では4種類の法定賭けがあります。競馬、自転車レース、スピードボートレース、オートバイレースへの賭けです。日本では合法と考えられている別の形式のギャンブルがあり、それはパチンコと呼ばれています。パチンコ機は第二次世界大戦前から存在していましたが、戦後は普及してきました。それらはデジタル化され、長年にわたって現代に慣れてきており、今日では、日本で最大かつ最も好ましいギャンブルの選択肢となっています。 日本には厳しい賭博法がありますが、サンズコーポレーションのラスベガス最高経営責任者であるシェルドンアデルソン氏は、私が大阪と東京の都市に次のマカオになる大きな可能性があると述べました。マカオは、アジアで最大のギャンブル市場の1つであり、中国にあります。マカオはギャンブルだけで年間平均500億ドルの収入を生み出しています。シェルドンは、日本が少なくともこれら2つの都市から400億ドルを稼ぐことができると信じています。彼は東京と大阪に1つずつ、計2つのカジノを開くことを計画しています。これは、2020年の東京オリンピックと相まって、サンズ株式会社にとって、日本とその経済にとって利益になるかもしれません。 しかし、彼の計画に対する最も明白な障害は、ギャンブルに関して日本で続いている法的問題です。文化的ルーツに根ざした日本人と日本政府も同じ見解を持っています。しかし、シェルドンは、 自民党(LDP)のリーダーであり、現在の日本の首相である安倍晋三、そしておそらく法案が日本の議会で導入されたので、彼らのためにうまくいくかもしれない。 しかし、議会では大量の反発が見られたため、信三と彼の自由党は、これを機能させるために一生懸命押し戻さなければならないかもしれません。結果がどうであれ、会社のインフラ、富、経済的安定性のために、日本市場は成熟し、カジノを開く準備ができているという事実が残っています。   結論 大規模なインフラストラクチャ、急速な経済成長、そしてギャンブルの歴史を持つ日本は、日本政府が契約を延期できれば、将来のギャンブルにとって理想的な目的地になるはずです。それは日本経済にとって、そして国の人々にとっても大きな助けとなるでしょう。これは、カジノには多くの雇用機会があり、熟練した労働者と未熟練の労働者が多数必要だからです。

日本旅行中の注意点

古代の寺院、武士、将軍、そしてアニメはすべて、日本を世界の他のどこにも見られないユニークな文化的ハブにしています。同じ理由で、ここは最もエキサイティングな場所の1つです。これらの旅行のヒントは、日本での滞在に役立ちます。 7バンクの使用 日本はキャッシュレス経済とは程遠いので、お金に関しては交換が不可欠です。空港でお金を交換することは常に最良の選択ではありません。常に銀行で両替するのが最善であり、現在日本で最も良いのはセブンバンクです。 公共交通機関の効率 日本の公共交通ネットワークは非常に複雑で非常に洗練されています。それを見ると、東京だけでも少なくとも150路線、2000駅あります。市内の鉄道網を利用している場合は、移動距離に応じて運賃が計算されます。ただし、距離が長い場合は運賃が高くなりますので、旅行の際はJRパスかICカードをお持ちください。 ICカードは、日本の公共交通機関を利用する際に乗客が使用できる充電式の支払いカードです。また、デパートなどの自動販売機の決済にもご利用いただけます。 JRパス 日本の鉄道パスは通常より少し高いですが、長期的には、個々の鉄道チケットはかなり高価になる可能性があり、日本鉄道パスの形でまとめて購入することは、特にユーザーにとって経済的であることを考えると、手頃な価格です2週間から3週間しか旅行しない場合。日本の鉄道駅の方が高額なので、日本に到着する前にオンラインで購入するのが経済的です。 チップしない 日本の文化は非常に失礼だと考えられているので、あなたが何をするにせよ、日本で誰かを傾けないでください。たとえ食べ物が非常に美味しいとしても、不快感を与えると見なされるため、チップの転用は控えてください。請求書を請求するには、人差し指で最寄りのウェイターにX記号を付けます。 喫煙 他のアジア諸国と同様に、公の場で喫煙することは犯罪であり、罰則の対象となります。ただし、喫煙が合法な場所、パブ、レストラン、バーなどでは、喫煙できる場所があります。ただし、これらの場所以外での喫煙は法律で罰せられるため、これらの場所で喫煙する前に確認しても安全です。 生ごみ処理機 日本は汚れのない国なので、ゴミを放置しておくのは厳しい犯罪です。したがって、適切な場所でゴミを処分するまでは、ゴミを抱えたままにしておくことをお勧めします。ただし、旅行中の場合は、地元のコンビニのゴミ箱で処分するのが最善の方法です。

Scroll to top